2005年03月28日

セリーグ編2005年ペナント予想、それと「希望」は切り分けて

きょうろぐ協賛記事『ペナントレース大予想大会』の参加エントリーです。
2005年セリーグ順位予想、結論から先に

 1.中日、2.讀賣、3.阪神、4.ヤクルト、5.横浜、6.広島

専門家は讀賣優勝予想の方が多いようですが、投手陣、監督と背番号5組の不満分子との対立、親父の借金にかたに売られた24番のやる気のなさなど不安(←自分にとっては希望要因要因)が一杯です。
でも、自分のブログのタイトルどおりの結果になるほどには落ちんでしょう。

中日は、打線にウッズが加わり、投手陣も磐石で、しいていえばグランド外の福詞と信子が唯一のウイークポイントです。
でも、1989年近鉄パリーグ優勝、この年のオフドラフトで8球団競合の末、社会人ナンバーワン投手の野茂英雄投手を獲得。これで、投手陣が充実した。さあ、来年も優勝や!
って言うじゃない。
でも、翌年優勝したのはライオンズですから〜
残念!
優勝疲れ斬り!
期待。

阪神はこんなもんでしょう。ヤクルトが先発陣崩壊で、去年と順位入れ替え。
横浜は最下位脱出はできるでしょうが、さらに上となるとね〜
広島は、石原故障で出遅れて、決まり?でも、4月1日から3日までは三連勝してね。

で、ここまでは、純粋に予想ですが、「希望順位」は、


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 09:27| ☁| Comment(2) | TrackBack(12) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。