2006年06月30日

セッキーナイスヘディングというか、まさにG滅!

image/tigers44-31-16-2006-07-01T01:37:21-1.jpg【この店もうすぐ(以下略)】
東京ドーム
神301 012 202=11
巨000 000 000=0
[投手]
(阪神)下柳−能見
(巨人)工藤−真田−前田−福田
[勝]下柳6勝6敗
[負]工藤3勝1敗
[本塁打]
(阪神)浜中12号ソロ、シーツ11号ソロ、矢野10号ツーラン
【得点経過】
1表:セッキーのヘディングなどで3点
3表:浜中の12号ソロで1点
5表:シーツの11号ソロで1点追加
6表:下柳の適時打で2点
7表:矢野2ランで2点
9表:2球連続ワイルドピッチで2点
------------------------------
仕事に7時少し前まで集中していて、帰り際にネットでチェックしたら、4対0でした。
その後、帰り道でラジオを聴いてると、アンディのホームランで一点追加、五回裏の一死満塁のピンチは小坂併殺打。
家に帰ってテレビをつけると、下さんタイムリー。さらに、矢野さんツーラン。
そして、九回のもらった2点。

あまりにも、一方的すぎる展開に、テレビ東京はあとひとりで試合中継を打ち切りましたが、しょうがねぇなあと思った方は、こちらをクリック→人気ブログランキング野球部門←その後、試合後のヒーローインタビューが結局なかったんですけど、解説の人の「巨人ベンチへ行って、ディロンにインタビューしたら」という発言に禿しく同意される方もね。

それにしても、昨日の練習で岡田監督が打席に立って模範を見せたのが、よかったみたい。

一方、相手チーム。あまりにも、情けない。
つい最近までは、立場がまったく逆だっただけに、この大勝を素直に喜べん。

その他の試合については、後ほど。

【追記】続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| 🌁| Comment(5) | TrackBack(22) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする