2007年10月08日

10月8日午前MLBプレーオフ、午後パ敗者復活戦

もう二度と見れないあの選手、この選手。
西武・松坂、巨人・松井、大阪近鉄・中村紀洋、広島・金本などなど。

貴重なレアも..


banner_01.gif
ここ4週間ほど連続して週末オフはスポーツ観戦に出かけていたのですが、この休みは休養モードでした。
今日の午前中は、MLBア・リーグプレーオフヤンキース対インディアンズの試合を見てました。
初回から3回までインディアンズが1点ずつ取った上、先発クレメンス降板に至っては、ヤンキースオワタと思ったんですが、その裏の先頭松井秀喜のヒザの痛みをこらえた激走内野安打、三塁への好走塁でスイッチ入りましたね。このまま負けていれば松井戦犯となるところだったけどね。

午後からは、ヨドバシカメラ クライマックス シリーズ パ(以下、「パ敗者復活戦」)を見ることに続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | その他野球界のTOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

10月7日のプロ野球〜また会いましょう+パ・リーグ敗者復活戦(CS)展望


10月3日神宮(T3−0YS)、試合後阪神ファンから古田コール
banner_01.gif
横浜、6年ぶり中日に勝ち越し〈7日のセ・リーグ〉
横浜6―4中日(観衆20448人)
 横浜が6年ぶりに対中日の勝ち越しを決めた。4回、内川の適時打、相手野手の失策などで逆転。中日はレギュラーシーズン最終戦を白星で飾れなかった。
>ここ数日の男村田ぶりを見るにつけ、
>この試合で四球合戦やったら白けるなと思っていたところ
>そういうことはなかったみたいですね
>あと残り2試合、大矢さん、古田さんどうする?

広島6―3ヤクルト(観衆33027人)
 広島は新井が本塁打を含む3打点。今季最終戦を飾るとともに、ヤクルト戦の7年ぶりの勝ち越しを決めた。ヤクルトは最下位に転落した。
古田兼任監督、最後に神宮を満員にできてよかったですね
>カープ初回から2盗塁って、昨日のリベンジ?(←相手違うけど)
>昨日引退試合したジャイアン(ト馬場)まで出てくるし、
>結局、ショートゴロで凡退(←セーフのような気も)だったけど
>それはそれでいい思い出になったと思います。
>ふる太さん、お疲れさまでした。
>また会いましょう。違うユニフォームで
>詳しいことは現地で観戦した阪神ファンの方のエントリー又は人気ブログランキング野球部門にて

それにしても続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他野球界のTOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

10月6日のプロ野球〜セ・リーグベテラン選手引退興行:実現しなかった馬場対猪木(違

表紙の写真を見てもわかると思いますが、お二人とも若いです。
イチロー24歳・松井23歳の時の写真です。

この本が出版された..

banner_01.gif
10月6日セ・リーグ
引退興行その1:通算広島9勝15敗0分◇広島◇観衆29776人◇試合時間 2時間43分
横浜 000 000 001|1
広島 520 020 10X|10
【横浜】●吉見(3勝4敗)、川村、那須野、横山
【広島】○大竹(9勝10敗)、斉藤、横山、佐々岡
[本塁打]嶋14号(広)、新井27号(広)、村田36号(横)
広島市民球場が横山対横山の投げ合いで盛り上がってる?(←たぶん違 中、9回表二死バッター村田というところで、馬場(←違 登場!
で、村田が空気を読まずにリーグトップの36号を打ってしまった件。
村田が泣くこともないし、佐々岡に謝る必要もないよ。
佐々岡も「吹っ切れた」って言ってますしね
むしろ、空気読めないのは大矢監督の方でしょう。
猪木(弟)(←違 に代打尚典って。。。
馬場対猪木(弟)の対決楽しみにしてた方も少なからずいたろうに、、、

もうひとつの続きを読む
ラベル:佐々岡 古田
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | その他野球界のTOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

残念ながら。。。【当ブログ通算1500エントリーなのにじゃなくて】

2004年2月に当ブログを開設以来約3年8か月、本エントリーが通算1500件目となりました。めでたい内容のエントリーでないのが残念なんですが。。。
banner_01.gif
RIMG0273.JPGこのサインボールの主もついに
アンチ読売の人なのにジャイアンツの選手のサインボールを持っているいきさつについては、こちらのエントリーにて→G1−0Gw@ジャイアンツ球場 通算25球場目

ということで、あちこちの球団で戦力外通告の発表が続々出てますね。
kamakuraken12.JPGkamakura12-2.JPGkamakura12-3.JPG
インボイス西武ドームにて2005年5月3日管理人撮影
戦力外通告のお知らせ(日ハム公式)
 平成19年10月4日、下記の選手に戦力外通告を致しましたのでお知らせいたします。
 鎌倉 健投手(22)、中村 渉投手(28)
>鎌倉投手、2年前には一時先発ローテに入ってたはずなんですけど。。。。
>最近名前聞かないと思っていたら故障してたんですね
>変則投法があだになったかorz
>ちなみに、上記画像に写ってるキャッチャーも今は違うチームに
>さらに、その日のハムのスタメン中、現在ハムに残っているのは、セギノールと稲葉のふたり。。。


<10月5日のプロ野球>
セ・リーグ
◇横浜5―0ヤクルト
パ・リーグ
◇ロッテ1―0楽天
◇西武6―2ソフトバンク
>パ・リーグはレギュラーシーズンの全日程が終了して、
タイトルが確定していたり
>西武岸がマー君とならんで11勝7敗になったり、
>伊東監督もラストだったりしてるんですけど、
>そのあたりの詳細は6日のエントリーにて
>それまでは、こちら(人気ブログランキング野球部門)

他球団の戦力外になった選手のサインボール持ってたり、先発勝利を見てたりしたことを書いたりしているうちに、一番大事なこと書き忘れそうになってますが、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(7) | その他野球界のTOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

10/4プロ野球試合レビュー【使ってる画像・動画は10/3のです】

RIMG0323.JPGスコアは10/3神宮の試合のですが。。。
banner_01.gif
10月4日のプロ野球
セ・リーグ
ヤクルト3―1横浜
ヤクルトが快勝。1回にリグスの適時打で先制、5回にガイエルの2ランで加点した。新人の増渕が8回途中まで好投してプロ初勝利。横浜は勝率5割ならず。
>この試合のポイントは報道によれば、
ヤクルト増渕、プロ初勝利
プロ野球・ラミレスが200安打
「満足いく20年だった」=ヤクルト・鈴木健が引退−プロ野球
ベイ村田35号、ホームランダービートップタイ!←上記2つへのお礼返しですね、高津さん。
の4点なんでしょうが、自分的には続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

10/3神宮代打オレ観戦記(T3-0YS)【モバイル版】

20071003201852.jpg
【代打オレヒットも画像では代走飯原に代わってます】
ヤ0-3神
神|012 000 000|3
ヤ|000 000 000|0
2表:今岡ソロで1点
3表:桜井の適時打、敵失で2点
[投手]
(阪神)上園-久保田-藤川
(ヤクルト)グライシンガー-木田-館山
[勝]上園 8勝 5敗←新人王当確?ライバルは該当者なし(爆)
[負]グライシンガー 16勝 8敗
[セーブ]藤川 5勝 5敗 46S←セーブ記録タイ
[本塁打]
(阪神)今岡4号ソロ←これは生で見れてないんだ。
----------------
まず、高校生ドラフトの件ですが、中田ハズレで高濱取れてかえって良かったと思いますよ。

さて、この試合。当初は最初から見るつもりが、諸般の事情でかなわず、神宮球場に着いたのは三回表のアニキの打席。貫禄の四球で満塁。続く、今岡のゴロをサードがファンブルでさらに一点追加の3対0に。
先発の上園は7イニングを投げたのですが、タイガースの先発陣では一番安定してると思いますよ。試合前に最後の大仕事をした代打オレにヒット打たれたのはご愛嬌として。
それにしても、代打オレに、敵味方関係なく大声援。七回裏前の東京音頭の間奏も、球場一体やけど。
八回には久保田が自らのシーズン最多登板となる90試合目のマウンドを危なげなく終わらせたのに、9回にマウンドに上った館山が野口の頭にデッドボールって、昨日やっとけのヤジが飛ぶ。
その次は、代打小宮山。厚木中対睦合東中やん。←地元の人にしかわからんネタ
結局、三振。
その裏は球児が三人で片付け、セーブ記録タイの46セーブ。
関東のタイガース最終戦は4年連続で参戦してますが、全部勝ってます。

ところで、クライマックスシリーズのチケットのサイトになかなかアクセスできませんorz
【画像・動画は明日以降に別エントリー立てて載せるかも】

------------------
10/3 試合結果
【セ・リーグ】
ヤクルト 0-3 阪神
巨人 1-3 横浜
>こっちでほぼ全員くたばれ讀賣ゆうたかいがありましたね。
【パ・リーグ】
楽天 5-1 日本ハム
ロッテ 7-5 ソフトバンク
順位
セ:@巨A中B神C横DヤE広[5位、6位が確定してない]
パ:@日AロBソC楽D西Eオ[全順位確定]
自分:人気ブログランキング
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(10) | 野球観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

巨人5年ぶりのリーグ優勝も敗者復活戦でどんでん返しや!〜でもムリポな悪寒。。。

原辰徳監督が読売巨人軍(ジャイアンツ)の監督に初めて就任したのが、この2002年。

鹿取義隆ヘッドコーチが投手陣を建て直し..

←これ以来の優勝ね

巨人、5年ぶりのリーグ優勝
巨人5―4ヤクルト
 劇的なサヨナラ勝ちで、巨人は栄冠を勝ち取った。1点を追う9回2死満塁。途中出場の清水の中堅へ抜けようかという打球を処理した遊撃手の宮本の一塁への送球は高く、ファウルグラウンドへそれた。三塁走者に続き、二塁走者の阿部が本塁へのヘッドスライディングで優勝を決めた。
>宮本、なにやってんだか。。。
>井端なら少なくとも悪送球はせんやろ。。。
>鳥谷や秀太なら追いついてませんが、何か

ともあれ、巨人の皆さんリーグ優勝おめでとうございます。

ってここで言うかよ。。。

横浜は巨人>阪神>中日の順に、ヤクルトは中日≒阪神>巨人の順に、広島は中日≒巨人>>>阪神の順に優勝してもらいたかったんですね

原監督は、「優勝を奪回したので、少しはそれに酔いたい」と喜びに浸った。
>って、あと5年くらい酔っていてください。。。


幸か不幸か今年からは、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 23:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(9) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

10/1ハマスタ観戦記(T9-7YB)〜敗者復活戦(CS)進出決定【追記・画像&動画の追加あり】

20071001182203.jpg
【今日の席(三塁側内野FB)から】
レギュラーシーズンも残り関東の3試合。つい二週間程前には、どんでんの胴上げを想定して3試合ともチケットを確保していたその壱。
まさか、敗者復活戦進出をかけた試合になるとはorz
ここにきてタイガースも怪我人続出で、スタメンから赤星、鳥谷が外れるという事態。
ベイスターズも左の下柳対策とはいえ、二番相川ですか。

諸般の事情で球場に着いたのがプレーボールギリギリ。ベイスターズ吉見、タイガース下柳の先発で始まったこの試合、先頭桜井凡退の後、関本ヒット、シーツと金本の内野ゴロがゲッツーにならなかった幸運(注:アニキのセカンドゴロを仁志が二塁送球セーフ。記録は内野安打)もあって、今岡が浜の風に乗ったレフトへのスリーランで3点先制。
一方、下柳は危なげある(爆)ピッチング。初回は一死一、二塁から村田ゲッツー。二回は二死一、二塁から吉見にセンター前ヒットを打たれるも、桜井の好返球で佐伯本塁噴死。三、四回は三凡もツーナッシングからツースリーにして、いいあたりのファールをされて結局三振とか外野フライとか。
タイガースも二回から四回まで淡白な攻撃だったんですが、五回先頭の下柳がヒットで出て、広大の一ゴロでランナーが入れ替わり、関本バントで送った後、アンディ、アニキと連続四球。私ここでピッチャー横山に交代。今岡ツースリーからセカンド仁志のダイビングを弾く2点タイムリーで5対0。
しかし、ここで楽勝といかないのが今年のタイガース。その裏先頭の内川に四球。石井琢凡退の後、代打呉本の二ゴロは二塁アウトに見えたんですが、審判の判定はセーフ。その後、秀太のやらかしがあり、相川ゲッツーのはずが一塁セーフとなり5対1に。
六回表、ベイは川村登板。下柳に代打葛城が出て、裏から渡辺登板。村田一邪飛、吉村センター前ヒットで、江草に交代。佐伯の当たりをアンディ取れずも、関本・江草ナイスバックアップで一塁アウト。内川粘るも三振で無得点。
七回も川村続投で三者三振。このあたりから雨が強くなってきた。その裏からジェフ。琢郎四球も、代打西崎右飛、仁志三振と二死までいった後、相川二塁強襲安打、金城にスリーランで5対4に。ここで、久保田登板。センターは赤松に。
村田初球をライトフライ。どうやら今日はレフト方向の打球は伸びて、ライト方向は伸びない模様。
八回からマットホワイト登板。三凡。
その裏、久保田イニングまたぎ。吉村投ゴロ。佐伯四球。代走野中に二盗も内川三振、琢郎二ゴロでピンチをしのぐ。
九回はベイ加藤登板。レフトに鈴木尚。先頭矢野粘ってセンター前ヒットで出塁。秀太送りバントでランナー二進。赤松キャッチャーファールフライでツーアウトとなったところで代打桧山敬遠。それがベイには運のつき。関本レフト前タイムリーで6対4に。さらに、アンディにタイムリー二塁打で8対4。アニキにもタイムリーで9対4。今岡バットを折りつつ猛打賞となるライト前ヒットの後、ピッチャー那須野に交代。このあたりで雨やんでくる。林は二ゴロ。
その裏、さすがに5点では球児じゃなくてダーウィン。守備もライト中村豊、ショート鳥谷、秀太サードに回る。鈴木尚、仁志と連続二塁打であっさり一点取られ、相川にもヒットを打たれ無死一、三塁で球児に交代。金城セカンドゴロゲッツーで9対6。村田にソロ被弾で9対7も、吉村センターフライで試合終了。

敗者復活戦(CS)進出確定。

ヒーローインタビューは当然今岡。みなさんのおかげです。

観衆11543名。

現場でわからない情報は、人気ブログランキング野球部門にて


なお、続きを読む
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 22:29| ☔| Comment(0) | TrackBack(8) | 野球観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。