2007年10月28日

日本シリーズ開幕〜ダルビッシュ快投!憲伸一球に(ToT)、それよりテレ朝シンジラレナ〜イ!

D1000145.jpg←オタルウンガー!(人間違えてますよ)
日3−1中
中|000 001 000|1
日|300 000 00X|3
1裏:セギノールの3ランで3点
6表:森野の犠飛で1点
本塁打
日:セギノール1号
投手
中:川上
日:ダルビッシュ

北海道日本ハムファイターズを「日」、中日ドラゴンズを「中」と略して表記してあるわけで、日本対中国の試合ではありません。
でも、アジアシリーズの場合、「中」は明らかに中国代表チームです。

そんなボケはともかく、まさにエースの投げ合いという投手戦でしたね。
憲伸は初回のセギノール(←毛はえ薬ちゃうで、むしろ副作用で以下r)への一球が悔やまれますね。それ以降は八回に1安打打たれただけだし。
ダルビッシュは、さらにすごかったですね。
六回表に
一番荒木が塁に出て♪
二番井端が内野安打♪
その間荒木が三塁へ好走♪
三番森野が犠牲フライ♪いいぞガンバれ、ドラゴンズ♪
このまま反撃だ♪
という一死一、二塁でタイロンウッズを迎えて、サードゴロゲッツー。
一瞬にして糸冬。

ゲスト解説のノムさん(楽天野村監督)は、
「こういうとき、ピッチャーは目の前の打者を抑えることで精一杯。キャッチャーはなんとかゲッツーを取れないかと模索するですけどね」というような趣旨のことを言ってましたね。

ダルビッシュのピンチはそれ位で、そのままシリーズタイの13奪三振で完投したし
ちなみに、憲伸も完投。
こういう投手戦って、阪神戦ではめったに見ないしね。

中日だから、川上だから投手戦になったわけで、讀賣や阪神が相手なら、ハム圧勝でしたね。

それにしても、テレビ朝日。サエコ映し杉。
ヒルマン監督のインタビューを何の予告もなく、中継終了にしたのは、シンジラレナ〜イ!。。。
日テレが先週落合監督のインタビュー途中で切っちゃったのは、立場が立場なだけに気持ちはわからないでもないが、野球中継は視聴率が取れなくなったからって、中継減らしてるというのって、自ら視聴率下げるようなことをしておいてなんだかな°・(ノД`)・°・
ハムファンのかわいい女の子を結構抜いてたのも帳消し。。。


さらに詳しいことや、T上坂・相木戦力外通告はじめその他のチームの情報は、人気ブログランキング野球部門にて

続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:01| ☔| Comment(0) | TrackBack(13) | その他野球界のTOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。