2008年04月08日

星野流&お知らせ

にほんブログ村 野球ブログへ
昨晩、星野さんが「カンブリア宮殿」に出演していたとはつゆ知らずorz、その内容についてはたぶんこの本とかぶるところがかなりあるのでは。。。
   ↓
星野仙一「星野流」(世界文化社)
星野監督が語る勝つための「人」「組織」そして「発想」とは?
いま日本で1番燃えている男・星野仙一が語る監督生活14年の集大成。勝つための「人」「時」「組織」をつかむ発想法を明かす。

目次
第1章 人をつかむ20の法則
(誰に対しても「わかりやすい存在」でなければいけない/是々非々を徹底的に。/「怖さ7割・やさしさ3割」でちょうどいい ほか)
第2章 時をつかむ13の法則
(有事にこそ燃えるのが男だろう/迷ったら前へ、迷った時には必ず前へ ほか)
第3章 自分をつかむ16の法則
(「普通のこと」として、部下への愛と人間関係での信義を大切にする/一年、一年の単年契約が勝負の世界の男の「たしなみ」 ほか)
第4章 組織をつかむ21の法則
(チームの標語をころころ変えるな/協力者とは一体化するまで、一本化できるまで徹底して話し合う ほか)
第5章 成功をつかむ7の法則
(人集め、人育て、人使いの「基本ベース」を真剣にやれ/ビジョンのない人間は邪魔。ビジョンがない、定見がない―で組織は混乱する ほか)

20+13+16+21+7=77って、無理やり77にこだわっていることはおいといて、本書によれば星野さんの監督時代の背番号77というのは、
ジャイアンツV9時代の川上哲治元巨人監督の背番号
から取ったというのは皆さんも知っているとは思いますが、ほかにも
・130試合制の頃の優勝ライン
・ゴルフのスコア目標
でもあるらしいです。

それはさておき、全415ページ。非常に読み応えのある本でした。注目の点を続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。