2008年12月08日

渡辺久信「寛容力〜怒らないから選手は伸びる」

(Ser.1957)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへbanner_03.gif

昨日の野球関連のニュースの主なものには
岩田が糖尿病患者と交流 127人が参加(共同通信)
王氏が巨人OB会長へ 副会長は柴田勲氏(共同通信)
などがあり、サッカーの方では
第87回全国高校サッカー選手権 桐光学園(神奈川)が全国へ 出場校出そろう=一覧組み合わせ表
などがありましたが、野球関連は人気ブログランキング野球部門にほんぶろぐ村 野球ブログ経由で、またサッカー関連は、にほんブログ村 サッカーブログ経由で他ブログをご覧いただくとして、今回は昨日読了した本の感想文を。

渡辺久信「寛容力〜怒らないから選手は伸びる」(講談社)
内容紹介
「清原よ、指導者になる前に一度“外”に出ろ!」

就任1年目にしてライオンズを日本一に導いた青年監督が語る
「ゆとり世代は管理では動かない!」

Amazonから
内容紹介
シリーズ前の大方の予想に反して監督就任1年目にして日本シリーズの覇者となり、名将の第一歩を歩み始めた、埼玉西武ライオンズ渡辺久信監督。
優勝旗を手にしただけでなく、若い選手を見事に一軍の舞台で開花させた能力も高く評価されている。
その伸び伸びとした選手育成法、また選手を信じリスクを厭わない起用法は選手だけでなくフロントからも信頼を得ている。
そんな渡辺監督の若手の指導の基本は、“寛容力”すなわち、失敗やミスを怒らないことだという。その真意とは?その背景にはどんな経験が?
一方西武黄金時代を牽引した広岡監督、森監督、ヤクルト移籍後の野村監督と、日本球界歴代の名監督から学んだ、精神論や野球理論、選手操縦法も披露。
さらに台湾球界で指導者として培った若手選手の人心掌握術を思い出とともに紹介------とこれまでの長い野球人生、そして今シーズンを振り返りながら、若手選手そしてゆとり世代と呼ばれる若者の指導のいろはを具体的に語り尽くします。

その他新事実!
●清原和博が渡辺監督だけに密かに引退宣言!?
● 伝説の“ブライアントへの一球”直後の舞台裏は!?
● 台湾球界での指導者時代は台湾中をひとり旅!


目次
序章 僕はもともと、指導者というタイプじゃない;
第1章 怒らないから選手は伸びる;
第2章 指導者であることを楽しむ;
第3章 固定観念を打ち砕く;
第4章 力を発揮できる環境を整える;
第5章 歴代の監督から学んだこと;
第6章 さらに成熟したチームを目指して

ということで、今年就任1年目で日本一になった埼玉西武ライオンズ渡辺久信監督の著書の紹介です。

・野球に関心がなくても、ここで書かれている管理手法は、一般企業の中間管理職の方にも通ずるものがあるのでおすすめですよ。

とか続きを読む


ラベル:ナベQ
posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:50| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | スポーツ関連読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。