2008年12月09日

金子達仁「古田の様」〜矢野輝弘さんファンの方の必読書

(Ser.1958)
にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村 サッカーブログ 湘南ベルマーレへbanner_03.gif

昨日から今朝にかけての野球関連のニュースには、
浜ちゃん再婚
山本昌WBCに立候補

一方、サッカーでは
・東京V柱谷監督退任(ヴェルディ公式
・湘南菅野監督退任(ベルマーレ公式
とかのニュースがありましたが、野球関連は人気ブログランキング野球部門にほんぶろぐ村 野球ブログ経由で、またサッカー関連は、にほんブログ村 サッカーブログ経由で他ブログをご覧いただくとして、今回も読了したばかりの本の感想文を。

金子達仁「古田の様」(扶桑社)
スポーツノンフィクションの名手が綴る、稀代の捕手の半生記!
プロ野球選手として数々の記録を残しながら、2004年の球界再編騒動では獅子奮迅の働きを見せ、昨年惜しまれながら引退した古田敦也。彼の半生を関係者の証言をもとに振り返る。

目次
第1章 稀代のキャッチャー
(上原浩治の宝物・台湾、五輪最終予選の夜 ほか)
第2章 挫折と苦闘の日々
(新設校の弱小野球部、狭いグラウンドで目覚めた才能 ほか)
第3章 2004年、球界再編騒動
(恐るべき同期生、2004年夏、日本球界 ほか)
第4章 それから
(妻に見せた涙、引退会見の様々な思い ほか)

金子達仁といえば、サッカー系の人じゃんと思ってWikiで調べたら

「父の仕事の関係で小学生の時に神戸に住んでいたころからの熱狂的な阪神タイガースファンで、プロ野球シーズン中は、取材などで海外に滞在時でもインターネットでタイガースの勝敗は必ずチェックするほどである。」

という記述がありましたね。

ならば、続きを読む


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:30| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。