2009年01月10日

【TB企画-去り行くあなたへ贈る言葉2008】清原和博<プロローグ>

(Ser.1993)
にほんブログ村 野球ブログへbanner_21.gif
【TB企画】去り行くあなたへ贈る言葉2008<(仮称)野球ファン応援団>
今年限りでユニフォームを脱いだ選手・コーチ・監督への惜別の思い(毒味が強すぎなければ、辞めてよかったでも可ですが。。。)を書いたエントリーがありましたら、ここにトラックバックして下さい。ブログを書いてない方はコメントされても結構です。

このテーマで自分的に書いておきたいのは、王貞治前ホークス監督、岡田彰布前阪神監督、桑田、野茂、川村と、忘れてはならない清原和博。最新号のNumberで特集してます。
    ↓
Number 720「完全保存版 清原和博
1月9日発売のNumber最新号は、清原さんが表紙でした。その迫力に思わず購入(爆)

その内容は、金子達仁氏の本人へのインタビューはじめ、森祇晶(元西武監督)、村田真一(現巨人コーチ)、落合博満(現中日監督)対戦した藪恵壹投手ほか関係者の証言。そして、「桑田真澄 本音を語る」と見どころ満載です。
って、ワイ文藝春秋から一銭ももらってませんが、清原和博についての惜別エントリーは一回で書き切れるわけがないので、まずはこのNumber 720を読んだ感想を簡単に。

・森さん、読売を悪く言い過ぎw
・藪さん言い訳乙〜それにしても、1本もHR打たれてなかったとは。。。
・長嶋監督直々のお誘いがなければ、今頃横シマorz
・記録より、記憶に残る選手
・このような選手は二度と出ないだろうって、うちのアニキ忘れてません?





posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 08:18| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | その他野球界のTOPIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出遅れましたが、私もNumberを買いました。
清原選手が一番輝いていたのはやはり西武時代でしたね。ルーキーの年は本当に凄かった!ホームラン新記録を達成した近鉄戦も見に行ってました。打席に立つ姿を見るたびにワクワクする選手でした。レフトだけでなく、センター、ライトにもホームランを打ち分ける打者は落合選手と清原選手しかいなかったので、現役を終えるまでに何本ホームランを打つのか楽しみでした。
FAで巨人への移籍が決まった時、「外様の選手に対して冷たい巨人の中で、果たして上手くやっていけるのか?」と思ったのですが、予想通り苦労したんですね。優勝、日本一も経験したけれど、最後は厄介払いのような形で戦力外通告を受けて追い出されてしまったし、気の毒で仕方がなかったです。
清原氏は野球が好きだし勝つために何が必要なのかを分かっている人なので、膝が治ったら指導者として戻ってきて欲しいです。どこかのチームの監督よりもWBC監督の方が良いかもしれませんねw。
Posted by ぴゅあらっく at 2009年01月13日 00:34
>ぴゅあらっくさん
コメントありがとうございます。

>どこかのチームの監督よりもWBC監督の方が良いかもしれませんねw。
今度のWBCの代表監督からでもどうぞw
Posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 2009年01月13日 05:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。