2009年06月24日

清水 満「王貞治 一徹の流儀」

セ・パ交流戦のMVPはじめ表彰選手の発表もJリーグの試合もこれからなので、今朝はすでに読んだ野球関連本の紹介をします。
banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン
清水 満王貞治 一徹の流儀」(扶桑社
30年来の付き合いのある記者が
王さんの振り見て人生を見直した!
----------------------------------
王さんと初対面後、プロゴルファーの石川遼は「人生のお手本を見つけた気持ちになりました」と感激した。誠実、ぶれない言動、律儀、懐の深さ、気遣い…そんな流儀がいっぱい。

<目次>
第1章 WBC
第2章 ライバル
第3章 才能と努力
第4章 王家の絆
第5章 ポジティブ
第6章 素顔
第7章 ジャイアンツを乗り越えて
エピローグ 偉大な選手と接して

著者は王さん本人を前にして、長嶋さんの方がいいとかなんとか、結構やらかしてますが、それでも王さんは不快感はさりげなく示しながらも、結局は許してもらってますね。
⇒俺だってあこがれの存在はあったさ

ありきたりなセリフですが、王さんの人としての大きさを感じさせる本です。

以下、本書からのピックアップと管理人の突っ込みです。

・ライバルの存在は自らを磨く
【管理人】
ということで、斉藤佑樹君には、同級生のライバルたりうる田中マーくんのいる楽天と坂本のいる巨人以外のチームに入っていただきたいと。。。


・今日という日は今日しかない
・この1球は、2度とない
【管理人】
なので、初球ストライクをどうして見逃すんや、どっかのチーム


・(WBC)ノウハウは伝えるが、原監督に任せたい

・イチローが非通知で王さんに電話をかけたら出た

・イチロー、いわく「原さんには王さんと同じ匂いがした」

・人のためにつくしなさい

・これからは地方の時代→ダイエーに行くとき

・石川遼に一番必要なのはライバルの出現だね

・野球の原点から生き方まで教えられた
(キャッチボールは相手が捕りやすいように投げる。下級生から上級生にあいさつ)

・練習はウソをつかない

・継続こそ基本であり大事なこと

・いい仕事をしていると頭が良くなる。女性も寄ってくる。
 というようなことも言う人

・努力できることが才能

・ガンになる前は、大食漢。
・気遣いも心憎い。先頭を切ってみんなに取り分けている

・氣(←あえてこの漢字)

・人生の節目に兄がいた

・男は外で勝負して尊敬される存在になれ

・外面がいいと、内面は悪くなる

・野球選手の妻は大変だ。
 ミスターも、星野も、オレも妻に先立たれてるしね
【管理人】
沙知代と信子は相当つよいんだぁあああああああああああ



・根本さんからは「長嶋と王でセ・パに分かれて日本シリーズをやらないか」という誘われ方をした

・根本さん的な動きがしたい

・長嶋さんが戻った以上、巨人にはもう戻れない

・生卵事件に「勝つしかない」

・尾花コーチを招へいする経緯
 ノムさんについて(阪神に)いくはずだった

・その王さんも、巨人入団の際、阪神の方が熱心に誘ってくれたと
【管理人】
もっとも、阪神に入ったら、投手としても打者としても中途半端なまま終わっただろうな


・尾花さんが(子供のために)東京に帰りたいと言った時には巨人の投手コーチとして紹介

・普通の居酒屋に行きたい

・ゴルフでも、インベーダーゲームでも負けず嫌い

・バッティングに影響しないようゴルフは右打ち

・ミスターはインベーダーゲームは1回だけやって、うまくいかずその後はまったくしなかったのに対し、王さんは次回はかなり上達していた


・日常生活は右、野球は左
【管理人】
自分も「スーパーサウスポーあさちゃん。」と名乗っているとおり、野球では左投左打ではありますが、日常生活はハシも、字を書くのも、マウスも右ですよ


・人は必要とされなくなったら終わり

・現役最後の1980年秋のオープン戦:熊本での阪神戦=HRを打って、阪神ナインにも出迎えられる

・2008.9.27王監督の監督最終試合@千葉マリン=バレンタインと抱擁+ロッテナインひとりひとりとも握手

・清原「王さんの言葉に救われた」
 =生まれ変わったら、同じユニフォームでホームランを競おう

・野村監督も王さんのことは悪く言わない

・ONそろって解任とは>読売巨人軍

・巨人の監督時代は不運(世代交代期>江川引退、角に勤続疲労)
 この頃とダイエー監督時代の初期は、なんでもひとりで背負った

・黒江を呼んで、けがれ役を任せた

banner_21.gifにほんブログ村 野球ブログへblogram投票ボタン

著者プロフィール:清水 満
産経新聞編集委員権論説委員。1975年入社、サンケイスポーツ配属。日本ハム、大洋(現横浜)担当を経て78年から第1次長嶋政権、藤田、王の監督時代など巨人を中心に主にプロ野球を取材。88年にはソウル五輪も担当する。サンケイスポーツ編集局長を経て、2006年より現職。記者歴34年。著書に『長嶋茂雄のホンネ』(二見書房)など。
【記者ブログ】王さんの本、出版しました〜「王貞治 一徹の流儀」 清水満

王貞治 一徹の流儀 (扶桑社新書)

王貞治 一徹の流儀 (扶桑社新書)

  • 作者: 清水 満
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: 新書


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 06:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。