2007年11月21日

【今度こそ本当に読書感想文】山際淳司「男たちのゲームセット〜巨人・阪神激闘記」

banner_01.gif
山際淳司「男たちのゲームセット〜巨人・阪神激闘記」
 1973年のプロ野球セ・リーグ。長嶋、王がまだ現役で巨人のV9達成がかかった年だった。巨人のライバルである阪神は、エース江夏、主砲に田淵を擁し、 V9を阻もうと、燃えていた。巨人と阪神の優勝争いは、直接対決の最終戦までもつれこんだ。このプロ野球史上まれにみる一年の、選手そして監督、コーチなどそれぞれの動きにスポットを当て、激闘の裏にある男たちのドラマを描き出す。山際淳司の遺作となった最後のスポーツ・ノンフィクション。

この本を読めば、岡田監督に緻密な野球はムリポとすぐわかりますよ。。。
それはそうと、今のタイガースには岡田監督や吉竹コーチを殴るような気概のある選手はおらんやろうね。。。
というか、今のタイガースはまとまりがないどころか、仲良しクラブみたいな雰囲気やもんね。。。


一方、川上哲治さんが導入した「ドジャーズ戦法」は、今の巨人には継承されず、むしろ森西武を経て落合中日へ継承されたということも、わかる人にはわかっていただけるかと。

その他のポイント。

・川上哲治さんは、ヘッドコーチに元中日の牧野茂さんを起用したように、生え抜きにこだわらず外部に人材を求めている。
→2年前に星野仙一が巨人の監督になるかどうかの騒動の際、川上氏から反対の意見はなかった。反対したのはむしろ川上氏に干されていた広岡氏やたった3年しかいなかったのに巨人OBを前面に出す張本氏だったのが象徴的

・巨人の控え外野手・代打だった萩原が代打の難しさを語る。
→代打桧山が三振しても、まあいつものこと。。。

・エンターティナー:ウィリー・カークランド
→ヤクルトのラミレスが神宮のレフトスタンド、特に彼に大歓声を送るおっさんは、カークランドの影を追い求めているのかもしれない。自分、記憶にないけど。。。

・職人:藤井 勇
→日本のプロ野球で第1号ホームラン(しかも、ランニング)を打った人。この本では、田淵を指導した人としてフォーカスがあてられている。

ということで、この本赤松君におすすめです。
そう思っている人はこちら(人気ブログランキング野球部門)にも


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 07:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。