2004年03月16日

サッカーU23

阿部先制・大久保が勝ち越し、レバノンを1点差で下す
 男子サッカーのアテネ五輪アジア最終予選B組は16日、国立競技場で日本ラウンドの第2戦が行われ、U―23(23歳以下)日本代表は同レバノン代表を2―1で下した。
 日本は勝ち点をバーレーンと同じ10とし、得失点差で上回って首位を堅持している。最終日となる18日は、日本―UAE(国立競技場)、レバノン―バーレーン(西が丘)が午後7時20分キックオフで同時に行われる。(読売新聞)

>なんとか勝ったか!
>途中で同点に追いつかれたときは、あぶねえと思ったが。。


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 21:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。