2008年04月15日

江本孟紀 「日本のプロ野球を作った男たち!」

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへbanner_03.gif
江本孟紀「日本のプロ野球を作った男たち!」(たちばな出版)
内容紹介
まだ、テレビの「プロ野球ニュース」や「珍プレー好プレー」が存在しない頃、あの「ベンチがアホやから!
?」という爆弾発言で、日本中を大騒ぎさせた、エモヤンこと江本孟紀は、以来26年間、野球解説者として、日本のプロ野球を見守り続けてきた。
 野茂をはじめとして、多くの大リーガーが誕生し、活躍しているが、今日のプロ野球を作り上げ、育ててきた、数々の男たちの人間、活躍ぶりを、江本孟紀が活写し、功績を振り返るとともに、野球界の未来のための「再建策」をも提言する、著者ならではの一冊。日本球界への「福音」の書である。

本人からの宣伝エントリー

1週間前くらいに読了して、下書きも書いていたのですが、昨日はプロ野球の試合がなかったので、このタイミングでUPします。

この本、裏話満載でホンマかいなと思うようなことも含め内容はなかなか面白かったのですが、誤植多すぎ。

たとえば、阪神が優勝した年が間違っていたり、マリーンズが3位からリーグ制覇・日本一になったと書いてあったりorz

ともあれ、
・筋トレより走り込みが大事
〜桑田(走りこみ重視)と清原(筋トレのみ)の比較
〜斉藤君(早大)はその点わかっているから少なくとも桑田レベルにはなるよ
・アイシングするのはかえってまずい、自然治癒力に任せるべき
〜ダルビッシュも田中投手(楽天)もわかってるから大丈夫
・池永さんの名誉回復って、恩赦みたいなもんじゃん
・投手と打者の真剣勝負、1点勝負が面白い
・<提言>球団数を増やす
・<提言>ファームの独立採算化
など結構まともなこと言ってるなとは。。。

〔主な内容〕
07年を回顧する
日本のスポーツ界は全滅の危機/日本のプレーオフシステムに文句あり/ダルちゃんとマーくんが大活躍

間違いだらけの野球界
やっとわかったか、アイシングの愚/野球選手にとってのトレーニングとは/エアコン完備でなにがトレーニングか

知的野球人は存在するか
「えだはすえブシ」の怪、大卒野球人のレベル/おかげで知性が磨かれた? 紆余曲折の野球人生/プロだけが道じゃない、大学卒業後の斎藤の道
 
「大選手」と「名選手」ここが違う
名選手名監督ならずというが、3年で名監督/幸運の女神が引き合わせた、長嶋さんとエモやんの縁/鉄腕・稲尾、3年連続30勝、通算防御率1点台

大選手大監督ならず 名選手名監督ならず
還暦でも熱血で売る、男の中の男/こうすリャ儲かる、球団経営の問題点/野球再興の鍵 底辺拡大と球団スリム化 


【ピックアップ】
・プロは観客を興奮させてこそプロ、自分が楽しんでどうする?
・松坂のジャイロボールの話はどうなったん?なんでも米国追従やな・・・
・岡島のあっちむいてほい投法は通用すると思った。どこに球がくるかわからなくて怖いもんね。
・由伸の打順は前々から1番がいいって言ってたけど、原監督が採用してくれたおかげで
・上背があればいいというもんではないことは、G馬場やエモヤンが証明
(バランス悪くてコントロールが悪くなる)
・川上哲治さんの人の見る目は鋭い(落合氏の監督としての成功を予言)
・長嶋野球は川上野球からあえて外れようとしていた
・総監督にしてはどうだろう?
・王さん、たいした選手じゃなかったクセにはないだろう?
・岡田(現阪神監督)の新人時代のブレイザーの見立ては正しかった。下半身を鍛えずにレギュラーになったから、脚部を痛め、選手としては中途半端に終わった
・例の「ベンチがアホやから」の発言は、本当は自分に「アホ」と言っていた
・ノムさんについてはいろいろと言いにくい事があるようで
(サッチーがサイン出してたってホンマ?)
・星野さん、落合さんについてもね
(ノムさんの後の阪神の監督は本当は仰木さんがなるはずだった)
・バレンタインには辛口






にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへbanner_03.gif


posted by スーパーサウスポーあさちゃん。 at 05:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ関連読書記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。